【もんじゅ廃炉決定】1兆円以上の費用を投じた「もんじゅ」の廃炉正式決定についてどう思いますか?

2016年12月21日、福井県敦賀市にある高速増殖炉もんじゅが、廃炉が正式に決定しました。

運転を再開させる場合、最低8年の期間と5,400億円を超える費用が必要であることが廃炉の理由と菅官房長官が説明。福井県の西川知事は地元の理解無しに廃炉は容認できないと反発しましたが、政府が地元の意向を押し切りました。政府の計画では、廃炉には3750億円の費用が掛かり、2047年に解体が終了するとのこと。

また、政府は今後も核燃料サイクルを維持する考えで、もんじゅの後継としてより実用化に近い高速炉の実証炉の開発に着手する方針です。

そこで質問です。1兆円以上の国費を投じながら廃炉が決定したもんじゅ、そして後継となる高速炉の開発に着手した政策を、あなたは評価しますか?自由なご意見をお聞かせ下さい。

27票 (39%)
42票 (61%)
22コメント
2016-12-26 15:14:01

稼働日数などを見るともんじゅの廃炉は当然だと思っています。ただ廃炉にするならもう少し早くやるべきだった気がします。新型高速炉についてもしっかりと実用化でき、もんじゅに使われたような無駄な税金にならないようにしていただきたいです。

% Complete
100% Complete
0
 
kitty | 2016-12-26 14:03:01

時代の流れではないでしょうか?福島原発があのような、水素爆発さえなければ、国民は無関心だったと思います。また、メディアの影響力も大きいです。1兆かかろうが、10兆かかろうが、日本国民はのんきなものです。1年もすればみんな忘れてると思います。評価は、しかたがないのではないでしょうか?

% Complete
100% Complete
0